病院の紹介

奄美大島の北に位置する奄美市笠利町、人口約5500人の地域で、西は東シナ海、東は太平洋と両方の海が楽しめます。病院の上階からは、青く澄みきった海と空が見渡せます。
平成10年4月にオープンし、救急医療・慢性疾患のフォローアップ・介護保険の実践と予防医療まで幅広く医療活動を行い、地域に密着した医療を展開しています。空港から約10分とアクセスが容易です。

看護・介護の実践

生活する人の視点で看護・介護を実践し、居宅や訪問看護、訪問介護、通所リハビリと在宅支援を積極的に行っています。小規模病院の長所を生かし、患者様一人ひとりに目を配った医療・看護・介護を提供します

離島医療への社会的役割

笠利病院は奄美大島北部地域で唯一の総合病院です。比較的、病院が集まる奄美大島の中心街の名瀬市までは、車で約1時間かかります。近くに病院があることは、高齢者の多い住民負担の軽減、安心した暮らしの支えとなります。

笠利病院は、徳洲会グループのかかげる離島・僻地医療の充実、遂行のため、地域の方々の期待と優しさに支えられながら、地域住民の健康と生活を守る役割を担っています。

お車でのアクセス

病院の入口 赤いポールが目印です

奄美空港から病院へのアクセス詳細はこちら

駐車場

外来患者様 / 職員駐車場
外来患者様専用駐車場

フロアーのご案内

6階居宅  訪問看護・介護室
5階通所リハビリ  栄養管理室
4階入院病棟
3階入院病棟
2階外来特診診察室   リハビリ室   透析室
1階受付  外来診察室  検査室  レントゲン室
薬局  歯科  売店

売店

1階売店コーナー

弁当・パン・お菓子などの食料品、シャンプー・石鹸などの日常生活品や、オムツ類、皮膚ケアクリームなどの入院時に必要となるものを販売しています。

名称 医療法人徳洲会 笠利病院  
住所 〒894-0512
鹿児島県奄美市笠利町中金久120
TEL 0997-55-2222
開設 平成10年4月
病床数 89床(医療療養型89床)
管理者 岡 進(出身大学:長崎大学)

  • 指定
    保険医療機関、生活保護法指定機関、結核予防法指定機関、原子爆弾被爆者指定機関、労災保険指定医療機関
  • 診療科
    内科・外科・消化器外科・整形外科・小児科・皮膚科・耳鼻咽喉科・眼科・脳神経外科・神経内科・漢方内科・ペインクリニック・メタボ外来・もの忘れ外来・歯科口腔外科・リハビリテーション科
  • 主な医療機器
    16列マルチスキャンCT・内視鏡システム・超音波診断装置

奄美大島の紹介はこちら