笠利病院だより

リハビリ実習の感想

5月24日から笠利病院にて、理学療法士の実習を行いました。
鹿児島医療福祉専門学校に通っています。

今回の長期実習(リハビリ内容を考えて、実際にリハビリを実施)では、学校だけでは学べないような貴重な体験をすることができました。


普段は学校の友達同士でお互いに検査や評価をすることが多いのですが、実際に患者さんに行う検査や評価は緊張感もあり、思うようにいかないことが多かったです。

最初のうちは緊張して説明がうまくできず、指示が伝わらないことが多かったですが、週を重ねていくうちに少しずつ慣れてうまく説明することができるようになりました。最終日に、外来患者さんより電気の取り付けがうまくなったよ、と言われ嬉しかったです。

また、臨床での考え方やアプローチ方法など多くのことを学ぶことができました。この経験を次の実習に活かして頑張っていきたいです。

私は奄美大島の出身で、将来は奄美の病院に勤める予定なので、笠利病院で働く皆様と一緒に地域の人たちを医療の面から支えていきたいです。

最後に、笠利病院の職員の皆様7週間の間ありがとうございました。