笠利病院だより

リモート面会開始しました!

昨日(5月19日)より、リモート面会を始めました!リモート面会とは、タブレットを使って、テレビ電話のように面会できる面会方法です。奄美では虹の丘さんが最近始めて、新聞やニュースに取り上げられて話題になっていました。
 当院でもコロナウイルス対策として、設置を進めていましたが、ようやく準備が整いました!今までご面会をお断りして申し訳ない思いがありましたが、これで少しでもご家族と顔を合わせていただけるようになりました。すでに、数組のリモート面会を実施して、大変好評をいただいています。

皆様に勧める前に、まずは体験。ということで、看護師長と入院中のお母様に利用してもらいました!

面会する方は、1階のロビーの一角でパーテーションで仕切って、周りを気にせずにお話できるようにしました。

実際の場面。こんな感じにタブレットを使います。相手のお顔もしっかり映り、声もしっかり聞けます。双方、笑顔で会話を楽しんでいました!

一方、入院患者様は、病室や食堂フロアーから面会します。娘さんの声かけに、しっかりと答えておられ、表情も豊かに会話を楽しんでおられました!

師長より体験の感想
「大きな画面で、顔がよく見え、声もはっきり聞こえて、シミまでよく見えました。顔見て会話することで安心できました」


長らく面会できないと、患者様、ご家族にとってもストレスがたまってしまいます。リモート面会で、少しでもストレス解消や、お話することで安心できる環境づくりができたと思います。

リモート面会ご希望の方はお気軽にご連絡ください。
利用時間は
     9:30~11:30
     14:00~16:00

多くの方のご利用をお待ちしております。