リハビリテーション科

リハビリテーション科の紹介

リハビリテーション科は脳卒中などの病気や骨折などのケガにより、日常生活活動が困難となった方に対し、可能な限り元の生活に戻れるよう運動療法や電気治療などの物理療法を用いて治療を行う診療科です。

スタッフは少数ですが、お互い協力しながら業務に取り組んでいます。

離島ならではの患者様が知り合い同士であるため、リハビリ室はいつも笑い声であふれ、賑やかでとても明るい雰囲気です。

各種、運動器具があります

入院リハビリについて

基本的には入院前の生活に戻って頂けるように介入します。

独居高齢者の方は在宅生活が難しくなるケースもありますが、介護保険サービスを利用しながらできる限りご本人様・ご家族の希望が叶うように努めています。当院は療養型病院ですが在宅復帰率は約80%近くあり、新規入院の方のほとんどがリハビリを受けています。

機能維持のリハビリより在宅に向けた回復期リハビリが中心となります。

外来リハビリについて

入院リハビリ以外にも、自宅から通ってリハビリを受けることができます。

整形外科やペインクリニックからのオーダーで、五十肩、腰痛、変形性膝関節症、関節拘縮(関節の固まり)等の疾患が主です。学生や仕事をされている方の通院も受けています。

通所リハビリについて

通所リハビリでは、介護保険を利用してリハビリを受けることが可能です。

ケアマネージャーからの情報とご本人様の希望を聞いた上で、個人に合わせた内容でのリハビリを提供致します。ご高齢の方は会話が好きなので、介入の際は会話をしながら少しでも楽しい時間を過ごして頂けるように努めています。

スタッフ

理学療法士 4名
リハビリ助手 1名

理学療法士とは

筋肉や関節、人の動作を変えることを専門としています。日常生活活動の向上はもとより、それ以外に生きがいにも目を向けている職業です。

スキルアップ

月に1回、神経内科医の高橋邦丕先生と抄読会を行い知識の向上に努めています。抄読会とは、論文を読解して解説を交えながら発表する会です。

スタッフ同士で定期的に短時間のミニ勉強会を行っています。

奄美大島島内の研修や東京・大阪などの都市部での研修会に参加しています。
近年は格安飛行機が飛ぶようになり、島外研修に参加しやすい環境になっています。
島内の研修機会も増えてきており、離島でも勉強できる環境が整ってきています。

抄読会の様子

理学療法士・作業療法士募集中
詳しくはこちら